【2020年超人気】ゲームアプリのご紹介です!

アプリで毎日の生活を豊かに厳選アプリをご紹介します。

【ハウジング・貿易、農園・裁判など【生活系コンテンツ】が豊富に備えられたおすすめMMORPG!】アーキエイジ

time 2020/07/25

【ハウジング・貿易、農園・裁判など【生活系コンテンツ】が豊富に備えられたおすすめMMORPG!】アーキエイジ

「アーキエイジ(Arche Age)」は、2013/07/23にリリースされ2018年で5周年を迎えた人気MMORPG

高品質かつ滑らかで壮大なシームレスな世界を駆け巡ることができる基本プレイ無料の生活系MMOでダントツおすすめのタイトルです。海を隔てた東西の勢力に分かれ多種多様なプレイアブルキャラクターが用意されています。MMORPGに必要な要素は全て搭載されているので、空中戦や海上戦、PvPなどの多彩なバトルが楽しめるのはもちろんのこと、本作の醍醐味となる生活&生産は、進化や分岐しカスタマイズも自由に行えるハウジング、農場を始め、畜産や、建築、錬金などの生産システム、そして貿易や、裁判、牢獄など、自由度もやりこみ度も高く長期に渡り楽しむことができます!

「アーキエイジ(Arche Age)」は、様々なバトル、キャラ育成、そして生活や生産、貿易が行えるなど、やりこみ要素も自由度も高く遊べる人気MMORPG

一見すると中世ファンタジー世界をベースにした“王道MMORPG”という感じなので、東西の勢力に分かれた大陸で生活する人間にあたる『ヌイアン族』と『ハリハラン族』、ファンタジーの代名詞となる『エルフ族』、獣人種族である『フェレ族』、機甲兵を召喚できる『ドワーフ』、そして変身能力を持ったと『ウォーボーン』。

この6種族の中から1種族を選択し【地上・上空・海中】と言う広大な全フィールドエリアで、冒険を繰り広げていきます。

※基本プレイ無料+アイテム課金性

アーキエイジ(ArcheAge) メインイメージ

生活コンテンツに特化してるとは言え、オンラインゲームとしての要素は全て用意されています。

本作の職業は、戦士や魔法使いといったあらかじめ決まったクラスを選ぶのではなくプレイヤー自身が選んだ『適性』で、職業が自動的に決定されるので、組み合わせにより120種類の職業が用意されているのも本作の特徴の一つです。

アーキエイジ(ArcheAge) 無限の歌姫『アリア』バトルスクリーンショット
アーキエイジ(ArcheAge) カヌー、楽器演奏スクリーンショット
アーキエイジ(ArcheAge) 海上でのプレイスクリーンショット

親切丁寧なチュートリアルが用意されていたり、音声ガイダンスの用意や目的地を指し示す方向が表示されたりと、普段MMORPGをあまりしない人でも迷うことなく安心して遊ぶことができます。

生活系MMORPGと言えば「アーキエイジ(ArcheAge)」と言うくらい、従来のオンラインゲームにないような独自のシステムや要素が非常に充実しています。

アーキエイジ(ArcheAge) 概要紹介イメージ

サービス開始から5年経過しているとは思えないクオリティ高いグラフィックスが搭載されています!

水面の輝きや時間によって変化する色彩は鮮やに表現され、森の中の光と影なんか本当にため息ものです。

非常に高品質なシームな世界が広がっているので、モンスターも結構びっくりする位の迫力です。

アーキエイジ(ArcheAge) 鮮やかな海のグラフィックススクリーンショット
アーキエイジ(ArcheAge) 時間経過と共に景観が変化するグラフィックススクリーンショット
アーキエイジ(ArcheAge) シームレスな世界観が美麗グラフィックスで表現されたスクリーンショット

また、プレイヤーが自由に建物を建設できるため、同じエリアでもサーバ毎に異なる景色、景観が楽しめるのも本作ならではの面白みです。

プレイヤーの狩りやレベリングに明け暮れると言ったことなく、農村・貿易・領主・陪審員など、豊富に用意された面白いシステムを、プレイヤーが自分でどのコンテンツで遊ぶか判断し選択していける“ブランク”要素が楽しめます。

※“ブランク”要素とは、作り込まれたゲーム内でプレイヤー自身が完成させていくような要素

アーキエイジ(ArcheAge) 海辺に建てたツリーハウススクリーンショット
アーキエイジ(ArcheAge) 製造、PvPスクリーンショット


2018/12/19に大型アップデートとして実装された『ArcheAge5.0』では、新マップとして実装される『ヒラマ山脈西部』や、新規適性『憎悪』古代装備3段階『燦爛たる古代装備』、『貿易』、『生活系コンテンツ』の実装が行われています!

アーキエイジ(ArcheAge) 次期大型アップデート『ArcheAge5.0』紹介イメージ
アーキエイジ(ArcheAge) 新マップとして実装される『ヒラマ山脈西部』紹介イメージ

新マップとして実装される『ヒラマ山脈西部』

▼新MAP『ヒラマ山脈西部』

旧大陸中央、リードランド北部に位置する新MAP『ヒラマ山脈西部』が新たに公開されます。

主に、古代装備3段階の成長に関連したMAPで、新規モンスターやオブジェクトからは、成長に関連するアイテムを獲得できるMAPとなっています。

アーキエイジ(ArcheAge) 新マップとして実装される『ヒラマ山脈西部』スクリーンショット
アーキエイジ(ArcheAge) 新マップとして実装される『ヒラマ山脈西部』スクリーンショット
アーキエイジ(ArcheAge) 古代装備3段階『燦爛たる古代装備』紹介イメージ

さらに、この大型アップデート『ArcheAge5.0』では、今まで10個だった適性に11番目の適性となる新規適性『憎悪』が追加されます。

新適性『憎悪』は、魔法攻撃と状態異常効果付与を主軸とし、トリッキーな戦闘が可能になります。

アーキエイジ(ArcheAge) 11番目の適性となる新規適性『憎悪』紹介イメージ

継承者レベルの上限が解放されるため、今までは最大[7]であったのに対し、『ArcheAge5.0』以降は最大[34]まで増加します。

さらに、 継承者レベルを上昇させるたび、特定のステータス上昇効果を得ることができるようになります。

アーキエイジ(ArcheAge) 継承者レベルの上限が解放紹介イメージ

『貿易』がよりシンプルに活発に変化します。

交易品の生成に必要だった特産品の在庫に関係なく、いつでも交易品が購入可能になります。

また交易品を他大陸へ運び納品することで『安定した黒炭の粉』を入手することができるようになります。

認証交易品は廃止となり、交易品の価格は特産品の在庫に影響をうけるとのことです。

アーキエイジ(ArcheAge) 『ArcheAge5.0』で実装される『貿易』の改変紹介イメージ

今までは家具や帆船、Tシャツ等に適用可能だったUCC(User Created Contents)にて、所有しているハウジング内の天井や壁、床にそれぞれ違うデザインを適用できるようになります。

今までは異なり表現の幅が広がる『ハウジングUCC』を楽しむことができるようになります!

アーキエイジ(ArcheAge) 『ArcheAge5.0』で実装される『ハウジングUCC』の改変紹介イメージ

アバターで使うことができる『染色』機能が大幅にパワーアップします。

使用できる色が固定されていた『染色剤』が廃止され、自分好みの色合いに細かく調整できる『染色パレット』機能にへ進化いたします。

また、染色できなかったヴォルフガンも、新たに染色可能なシリーズが登場。

すでに所有している方は、蜃気楼の島にて染色可能なヴォルフガンへ交換可能となっております。

アーキエイジ(ArcheAge) 『ArcheAge5.0』で実装される『染色パレット』紹介イメージ

これまでソロマッチングしていた、各種アリーナがチームを組んだ状態でも『アリーナパーティー入場』可能になります。

アリーナや極グラディエーターといった対人コンテンツにて、好きなメンバーでパーティを組んだ状態で入場可能な『アリーナパーティ入場』になります。

しかも、チームは勢力やサーバを問わずに組むことができるようになるので、普段遭遇しないプレイヤーとも交流できるようになります。

アーキエイジ(ArcheAge) 『ArcheAge5.0』で調整される『アリーナパーティ入場』紹介イメージ

レッドドラゴンとクラーケンなどのネームドモンスター討伐において、平日の開催に限りヌイア・ハリハラ勢力が交互に討伐できるよう『レイドボス勢力制限』調整が入ります。

この『レイドボス勢力制限』は2019/01/09に実装されました。

・『レッドドラゴン』火曜日 ヌイア勢力、木曜日 ハリハラ勢力、土曜日 全勢力
・『クラーケン』火曜日 ハリハラ勢力、木曜日 ヌイア勢力、土曜日 全勢力

曜日により各勢力での討伐が可能な日が定められ、その際、勢力外のプレイヤーは、該当エリアへの侵入が制限されるので、妨害が発生しない状況で進行できます。

土曜日は全ての勢力が該当エリアに侵入可能となり、討伐褒賞もより良いものが獲得できるようになります。

アーキエイジ(ArcheAge) 『ArcheAge5.0』で調整される『レイドボス勢力制限』紹介イメージ

2018/10/10には、アップデート『古の覚醒(めざめ)』が実装されました。

このアップデートでは、“古代装備”シリーズと言う古代装備が実装されたり、キャラクターや、釣り竿/餌、作物など、既存コンテンツに様々な調整や仕様変更も行われました。

アーキエイジ(ArcheAge) アップデート『古の覚醒(めざめ)』イメージ

『古代装備』が2018/10/10に実装しています。

モンスターからドロップする武器・防具を専用素材で強化し、最大まで強化することで、次の段階へ『覚醒』させることでさらなる強化が解放され、『古代装備』の実装に合わせ、ダンジョンで獲得できる武具の一部も覚醒に対応し、専用素材での強化、覚醒による等級強化になるよう変更されます。

『覚醒』自体は失敗もあり、覚醒に失敗すると損傷状態となり以降の覚醒ができませんが、失敗した場合は次回の覚醒挑戦時の成功確率にボーナスがつき、いずれは100%で覚醒が出来るようになります。

アーキエイジ(ArcheAge) 『古代装備』実装紹介イメージ
アーキエイジ(ArcheAge) 『古代装備』強化紹介イメージ
アーキエイジ(ArcheAge) 『覚醒』システム紹介イメージ

『覚醒』システム導入に伴い『古代ダンジョン』『ナチャッシュガル』『エターナルアイランド』『饗宴の園』で、入手可能な装備の強化方式を仕様変更されます。

これまで『等級強化』では、強化スクロールを使用するため、等級強化に失敗する可能性がありましたが、今後は、アイテム合成による経験値を蓄積させることでリスクなしで等級強化を行えるようになります。

『段階強化』では、装備毎に製作に必要とされる素材が異なりましたが、今後は、『段階強化』を覚醒システムへ移行することにより、必要とされる素材が統一されます。

アーキエイジ(ArcheAge) ダンジョン装備の改変紹介イメージ

キャラクター関連の調整も入り、新スキルの追加や戦闘に関連した各種バランス調整が実施されました。

すでに遊んでいるプレイヤーの方だと、時間をかけて育成してきた自分のキャラクターにどんな調整がかかり、ゲーム全体でバランスに支障が起きないか非常に心配な調整だと思うのでご紹介します。

まず、全種族キャラが使用できる共有スキルとして『覇気』が追加されます。

レベル1から使用可能な新スキル『覇気』は、気絶・転倒・串刺し・恐怖・睡眠・足止め・鈍足・バブル・サイコキネシス・物理スキル封印・沈黙・石化、と言う状態異常を解除できるスキルです。

ディレイタイムは30分で、死亡時はディレイタイムが初期化されます。

アーキエイジ(ArcheAge) キャラクター関連の調整新スキル『覇気』紹介イメージ

防具装備時に得られる等級バフに『高級』『希少』等級バフが追加されました。

『装備等級バフ』の効果は様々な攻撃オプションをスキルダメージ増加に統一され、装備ポイントが高いほど、等級バフに補正が付与されるよう調整されます。

その他にも、近接スキルのダメージが攻撃スキルに影響されるよう調整されるので、攻撃速度が“速い”場合はスキルダメージが落ち攻撃速度が“遅い”場合はスキルダメージが上がります

攻撃時ダメージのランダム幅をブレが小さくなるよう調整されたり、物理スキルのダメージに対して貫通効果が付与されるので、発動確率が20%→50%へ上昇したりします。

また、両手武器着用時に近接攻撃スキルの射程が1M延長され、魔法回復スキルは2M延長されます。

アーキエイジ(ArcheAge) キャラクター関連の『装備等級バフ』追加紹介イメージ

釣り竿、餌の製作法と仕様も一新し、リニューアルされました。

これまでの釣り竿は、製作時に消費された材料に還元可能で、餌はNPCに購入時の価格で販売可能でしたが、製作法は撤廃され、新しい釣り竿の製作法が追加されます。

『カブの釣り竿』は獲得時、2時間巨大魚釣りに使用可能になります。

さらに、餌を使用することで再度2時間使用できるようになります。

『黄金色の細工餌』という餌1種類に統一されます。

※鉄のインゴット×15で製作可能

アーキエイジ(ArcheAge) 釣り竿、餌の製作法リニューアル紹介イメージ

釣り竿は、釣り熟練度が上がればより巨大魚を釣りやすくする上位等級の釣り竿を製作可能になり、2種類の釣り竿に成長させることができるようになるので、自分の釣りスタイルに合わせて選択できます。

アーキエイジ(ArcheAge) 釣り竿成長の紹介イメージ

デルフィナードの幽霊船を討伐した際、宝箱が周囲に散らばるようになり、箱からは、背負う荷物として石版が入手でき、特定の商人に販売すると、“安定した黒炭の粉”が大量に入手可能など、デルフィナードの幽霊船の戦利品が豪華になったので、一攫千金も夢ではありません。

アーキエイジ(ArcheAge) デルフィナードの幽霊船スクリーンショット
アーキエイジ(ArcheAge) デルフィナードの幽霊船討伐した時の宝箱、特定の商人のNPCスクリーンショット

作物関連の調整も実施され、
・作物を植える時に配置可能な場所にマウスポインターを自動補正してくれる機能が追加
・“ツヤのある種”、“深香の葉っぱ”が種の束の栽培にて稀に獲得できるように変更

など、便利機能が追加されています。

アーキエイジ(ArcheAge) 作物関連の調整の紹介イメージ

その他にも、過去に行われた大型アップデート『ArcheAge4.5 新世の鼓動』と、これまでのサーバとは異なる特別な新サーバ『Re:フレッシュサーバ(BlueSalt)』の開設が同時スタートされました。

この大型アップデートは、最強のモンスターであるレッドドラゴンの育成が可能になったり、貿易に新たな戦利品が追加されたりする他、オークションや、裁判システム、攻撃の回避判定、装備の難易度緩和など、ゲーム内の様々な調整や追加が実施、実装されています。

アーキエイジ(ArcheAge) 大型アップデートとなる『ArcheAge4.5 新世の鼓動』イメージ

同日に新設された『Re:フレッシュサーバ』(ゲーム内では“BlueSalt”サーバ)は、これから初めてプレイする方はもちろん、過去に本作で遊んでいたプレイヤーにより楽しめるようになっています。

既に遊んでいるプレイヤーであれば、いつもの新設サーバとは違った楽しみ方ができる特殊なサーバとなっています。

アーキエイジ(ArcheAge) 『Re:フレッシュサーバ』となる新BlueSaltサーバ新設イメージ

『Re:フレッシュサーバ』と今用意されている既存サーバーの違いですが、新サーバ“BlueSalt”では、プレイできるコンテンツが制限されています。

昔の環境を擬似的に再現するためのものになっているので、既存サーバで遊べるコンテンツだとしても『Re:フレッシュサーバ』では遊べなかったり、これまで製作できた道具が現時点では製作できなかったりと、“あえて制限をかけている”状態です。

※2018/10/31でのカンストはLv55迄

アーキエイジ(ArcheAge) 新BlueSaltサーバの『レベル、種族』特徴紹介イメージ
アーキエイジ(ArcheAge) 新BlueSaltサーバの『フィールド、ダンジョン』特徴紹介イメージ
アーキエイジ(ArcheAge) 新BlueSaltサーバの『アイテム製作、その他』特徴紹介イメージ

現在プレイ中の人にも追いつきやすく、スタートしやすい環境が用意されているので、過去に本作で遊んだことがあった人でも、前とは一味違ったプレイ体験ができ、「ArcheAge」という名前は聞いたことあったけど、プレイする機会がなかった人は、ぜひ遊びやすくなったサーバーで遊んでみてはいかがでしょうか!

アーキエイジ(ArcheAge) 新BlueSaltサーバ専用ロードマップイメージ

2018/09/19『BuleSalt』サーバ回目のアップデートが実施されました。

本アップデートでは、旧大陸の領地に隣接する『サンステップ』と『アビスゲート』の2地域が解放され、NPCやモンスター等が出現し、また、ボスモンスター“呪われたシャクラ”が出現するようになります。

さらに、同地域が解放されることにより、希少な鉱石“アニャ石の欠片”が入手できます。

旧大陸の解放に伴い『ナチャッシュガル』、『エターナルアイランド(週末を含む)』の2つのインスタンスダンジョンも解放!

この機会に、是非ダンジョン踏破を目指してみてください。

※解放内容については、事前にアンケートを取らせて頂いた内容を元に検討

アーキエイジ(ArcheAge) 『BuleSalt』サーバー2回目のアップデートイメージ
アーキエイジ(ArcheAge) インスタンスダンジョンスクリーンショット

そして、2018/10/31『BuleSalt』サーバ3回目のアップデートが実施!

アップデート第3弾は、これまで以上のボリュームとなっており、やり込み要素や遊びごたえのあるコンテンツが追加予定です。

本アップデートにより、インスタンスダンジョンの『饗宴の園』および、大規模PvPコンテンツ『アビスレイド』が追加されます。

どちらのコンテンツもやり込み要素満載なので、この機会に仲間たちと一緒に挑戦してみてください。

アーキエイジ(ArcheAge) 『BuleSalt』サーバで追加されるインスタンスダンジョンの『饗宴の園』イメージ
アーキエイジ(ArcheAge) インスタンスダンジョンの『饗宴の園』スクリーンショット

インスタンスダンジョンの『饗宴の園』アーキエイジ(ArcheAge) 『BuleSalt』サーバで追加される大規模PvPコンテンツ『アビスレイド』イメージ
アーキエイジ(ArcheAge) 海上コンテンツ『アビスレイド』スクリーンショット
アーキエイジ(ArcheAge) 『BuleSalt』サーバで追加される『アビスレイド』スクリーンショットPvPコンテンツ『アビスレイド』

また、『BuleSalt』サーバで育成できるレベルの上限が、レベル50からレベル55までに解放され、このレベルキャップ解放により、レベル51以上で挑戦できるダンジョンにも参加できるようになります。

さらに、上位装備『デルフィナード装備』の製作および、上記でご紹介しているアップデート『古の覚醒』にて実装された『古代装備』が解放されます。

『古代装備』は、従来の装備よりも入手しやすく成長もさせやすい装備となっておりますので、是非お試しください。

その他、『ニュータウントラクターの書』や『レッドブルトラクターの書』の製作が解放されたり、『貿易船サルベージ』、ネームドモンスター『レイナ』、『グレン』が解放されたりします。

アーキエイジ(ArcheAge) 『饗宴の園』ボスキービジュアル

down

コメントする




 

カテゴリー

アーカイブ

アクセスランキング